生活#16

今日はお昼にバーガーキングを食べたし、夜は映画を見ながらピザを食べた。デカいTシャツを着てペプシを飲んだ。アメリカ人みたいになってしまう。体格から思想からなにからなにまでもがUSAに染まる。USA!USA!全然関係ないけれど、カルフォルニアロールって寿司なのにアメリカ料理なのかな。本当にカルフォルニアで生まれたのかな。日本のマックのごはんバーガーみたいなものか。現在地の分からない料理は面白い。回転寿司屋の一皿目でカルフォルニアロール頼むようなおもしれー人間になりたい。

f:id:extrance178:20220518024447j:image


下北での仕事にも少しずつだけど慣れた。下北と言っても毎日昼ごはんはファミマだし。なんか勝手にコンビになったつもりでいるみたいだけど俺は都合いいだけでアイツのことは好きじゃない。こういう書き方をするとなんかすごいクズだな。帝京平成大学は未だに「どこ」がすごいのか知らないし、合宿免許はワオなのかWAOなのかもよく分かってない。どーでもいい。

 


仕事は楽しい。そりゃもちろん働きたくねーけども。職場の人は(特に新卒)の人は社会に出たという自覚はまだないって言ってた。俺も別にない。けど大学生だった4年間はひたすら寝そべって生きてたわけだから、毎日寝そべれないこの感覚が社会か、みたいなのはあるよ。ちょっぴりね。毎日お酒飲んでゲームしてぐうたらして最低限のバイトですら行きたくなくて、ずっと何かしら音楽を聴いていて。

 


あなたってずっと音楽を聴いているんですねって言われたこともある。それが嫌だったって、後になって言われたこともある。知らない音楽ばっかり流すのね。って。知ってる音楽がなんとなくだけど共通していて、おもしろいと思う感覚が似通っている友人ってとても貴重だ。みんな元気か。応答を願う。俺はまあ、めんどくさいに負けないくらいには元気だよ。

 


「めんどくさい」ってすごいなと。この際国防がめんどくさいとか、国益が「めんどくさい」とか、それ以外の感情を抜きにして世の中全ての人が「めんどくさい」に負けちゃったら戦争も無くなるだろうし、国も無くなるだろうしダイエットも仕事も無くなって信号機も光らないし電車も来ないネットも繋がらないみたいなことになっちゃうのかな。原始時代に戻ったらおれはまた大学生みたいに寝そべって毎日を過ごしたい。あーあ。甘えたこと抜かしてんじゃねーぞ。

f:id:extrance178:20220518024502j:image


どうせみんな死ぬのに電車が来る時は黄色の線の内側に下がって、信号も守ってる。どうせ死ぬのに。ゆるやかな自殺。でも死ぬ前にもうちょっといい思いがしたい。そんだけ。

 


なんの脈略もない文章だけどなんとなく俺にしか分からん変な一本の筋が通ってる。今は世界最長のカルフォルニアロールのことしか考えたくない。おやすみー^_^

生活#15

初めててごねハンバーグというメニューを見た時。ハンバーグって手で捏ねて作るものだけじゃないのか、と。そうだよな。

ハンバーグ工場で決められた分量のミンチが丸められて空気を抜かれ、俺らの知ってるあの形になってご家庭やスーパー、ファミレスとかに届いてんだよな、と実感した日。ハンバーグ工場見学行きて〜!

でも、それまで当たり前のはずのてごねが付加価値となってハンバーグのレア度を上げていること。ちょっぴり不思議な感覚だった。別に当時の俺は今をときめくティーンエイジャー。でごねだろうが工場で作られてようが肉は肉だ。もっと持ってこい。みたいな気持ちではいたけれど、時は立って再来年にアラサー。あの時に感じた、当たり前のはずが、オプションになっている感覚みたいなモンの捉え方は変わってきたんじゃないのか、と思った。

先週から社会人として働いて、今日、休憩中にビルの隙間でたばこを吸っている時に感じた。

がきんちょの頃は、すれ違った人に挨拶できたらすごいね〜が、今じゃもう毎日、俺じゃない企業の顔として、知らない人に挨拶するのが当たり前みたいな、てごねハンバーグとは逆のパターンもあるのか、みたいなことを考えながらたばこを吸っていたら休憩はあっという間に終わった。f:id:extrance178:20220407021519j:image

帰りに少し下北をぶらついたら1年前にとても傷つけてしまった人とすれ違った。どう話しかけようか。とか。知らない人に挨拶ができたら褒められたあの日と、知ってる人にすら話しかけれなくなった今の自分で変な気持ちになった。今日も今日とて猫背。明日は仕事が休みだけれど、明日もきっと猫背だし、変わらないところは変わらないくせに見えないところでも人はどんどん変わっていくんだなあ。23歳になった。f:id:extrance178:20220407021459j:image

生活#14

大学を卒業した。変な4年間だった。

ウェア イズ 実感。

入学した時はもうちょっと目のキラキラしたマセガキだった気がする。

 


食べるラー油も、鯖缶も、混ぜるだけのカニトマトクリームパスタも食べ飽きた。4回始めたバイトは2回飛んだし、ローソンのメガアイスコーヒーは週8で飲んでいた時期もあった。毎日、ストゼロのパインとマルボロのアイスブラストを一緒に摂取していたらある日、口の中が貧乏の味になったこともある。大学卒業までにはやめてえと思っていたタバコはまだ吸っている。

 


友達はちょっぴり増えたけど、それ以上に連絡を取らなくなった人は増えた。それなりに思い出の詰まった日当たりの悪いあの家にもまた、キャンパスライフに夢と期待で胸をいっぱいにしたマセガキが住むんだろうか。歴史は繰り返すと言いますが、やってらんねーよなホント。なんだこれ。

 


小田急線には感謝を忘れちゃいけない。酔っ払って寝てしまっても新宿か小田原で駅員さんが起こしてくれるし、降りたことの無い駅の知らない街は全部ちょうど良くておもしろかった。これからは京王線にお世話になる。まだナチュラルに遅延してるとこは見てない。

 


新生活が始まってシーツとカーテンを茶色にした。4年間水色だったけれどホントにダサかったと思う。部屋が落ち着いた色になったから一歩オトナに近づけた気がする。

 

f:id:extrance178:20220326010421j:image
オトナ?大人ってなんや。給料もらって自分で家賃払ったら大人か?言いたいけど言わなくていいことをグッと我慢するのが大人か?選挙に行ったら大人か?

よく分からない。大卒なのになんにも分からない世の中のこと。やっぱ隠キャは生きづらいし、早く殺してくれ〜と、蒸発して無くなっちまいて〜と、思う夜だってある。俺にしか無いものなんてそんなに大きいものじゃない。

 


でもそんな大きくなんかないけれど、好きな人と好きなモノを好きな自分をもうちょっとだけスクスク育てることができたら大人に近づけんのかな。知らんけど。

 

https://youtu.be/uxrDLLgoCPU

あっという間の毎日!何かにうっとり
セワシネ〜、春。割と嫌いじゃ無いけどね!

生活#?

社会にずっとイライラしている。

 

名前の知らない歌い手だかyoutuberだかなんだかが、不倫や浮気をしていたことをたくさんの人に言いふらして金を儲ける人。

それに便乗して安全地帯から石を投げつけてるたくさんの人。

話しかけてきた人の悪口を呟いてる勘違い黒髪マッシュ。

友達が見せてきたtiktokの画面に映ってた「面白すぎる😂😂😂😂」の文字。

お昼の番組で聞いてもいない持論を並べるコメンテーター。

飲食店で子供の目の前なのに店員を怒鳴る親。

人に連れられて行ったガールズバーで俺の思い出の曲が飲みのコールに使われていたこと。

薬物やスキャンダルで炎上したミュージシャンの音楽を社会の評価と一緒に流されて、自分では何も考えずそのままぜんぶ否定しちゃうやつら。

 


顔色ばっかり伺って楽しそうを演じる自分。

めちゃくちゃ人を傷つけてしまった過去の自分と、結局そんな記憶も薄れてのうのうと生きている自分。なのにもうちょっといい思いしたいとか思ってる自分。

 


性善説だからか。ここ3年くらいずっとモヤモヤしてる。なんだこれ。あっせえな。泣きそうになる。とても息苦しい。

 


俺はもっと「概念」限定のしりとりとか、夜中の散歩とか、味の知らない食べ物の話、すごい長い名前のどうぶつの話をしたい。最近めっきり見なくなったあのなんか回るタイプのジャングルジムみたいな遊具の思い出話をしたいし、最近おもしろかった映画を教えてほしい。平日のあまり人のいない水族館に行きたい。面白いことをしたい。

 


ネガティヴは損だ。でもだからこその共感できる、ステキだなあと思えるコトやモノや人は見つけれたし、これからも増やしたい。俺は自分のことがあまり好きでは無いけれど、好きなものを好きな自分はちょっと好き。歪んだ自己愛!?

 

https://youtu.be/yxADTuRQLhg


そういえばここ3日くらいコンタクトを外してない。またしても2weekのコンタクトが1monthに突入しようとしている。ご自愛を〜ワタシ、、

f:id:extrance178:20220312210613j:image

駄文、はよねろナ^_^

生活#12

よっ!

先日、酔っ払ってイカスミパスタ食べてそのまま寝てしまって、寝起きの歯磨きで、真っ黒な液体が口から出てきた時に名前の知らない病気と死を覚悟しました。

 

 

白いひもイヤホンってかわいいよねって話を誰かに共有したいから拙い文章をメモに残している。ポッケの中でくちゃくちゃになるのもいいよね。あ、ポケットのことポッケっていうタイプの人では無いです。今日だけ、たまたまです。

機能性やら音質・便利さではAirPodsの足下にも及ばないひもイヤホンですが、なんかちょろっとしていて、かわいいよね。AirPodsめちゃくちゃ短めのうどんみたいじゃんな。ひもイヤホンもまぁ麺っぽいか。そういえば、全然関係ないけれどAirPods Pro買った時も酔っ払っていたな。 

f:id:extrance178:20220228124335p:image

 

 

最近はお昼があったかいから期待しすぎて薄着で外に出がちなんですけど、夜になると後悔しがち。これはガチ。でもその後悔から何も学ばないがち。もう春じゃね!?に期待しすぎるな。人間とは学習する生き物だ。

 

 

 

今日はピザを作る。何乗せようかな。

ホラー映画も見て〜。

生活#10

マックのポテトLサイズはテンションで頼んでいる。お腹とよく相談するとMでいいと分かっていても頼んでしまうのがポテトのLサイズ。これぞ夢も大きくポテトも大きく、ビッグなアメリカンドリームってことです🇺🇸

でもポテト今無いか。

f:id:extrance178:20220121080506j:image

今月いっぱいでコンビニの夜勤のアルバイトを辞める。残り2回。メンタルを蝕む諸悪の根源が夜勤だと分かっていても、お金がないのだから辞めれなかった。ガス代半年滞納した時、流石にガス屋さんから心配の電話をもらった。給料日まで待ちますよ〜!ガハハ!と、笑い飛ばしてくれた時は涙が出そうになった。何かをあっためるガスを扱っているガス屋さんはもちろんあったかかった。プロパン最高!

うちのコンビニは駅の構内にあるので深夜の1時から5時までお店を閉める。真っ暗な店内でひたすらパンとかカップ麺並べていたら考えなくていい様なことばかり考えてしまう。大嫌いだコンビニ夜勤なんか。

クソみたいなサラリーマンにも、ちゃんとレジの後にお礼を言ってくれるお姉さんにも、ゲームでいう主人公視点の人生があって、一つ一つの行動に選択がある。感じ方や好きなもの悲しかったこともみんな違うはずなのに、だらだら生きていると、この感覚がすごく薄れていく。自分や近しい人以外の全部の人が漫画のモブやゲームの村人の様に思えてしまう。

好きな音楽だったり小説だったり映画のワンシーンだったり、面白いと思うものはそれぞれ違っていて、その人の個性を表す様な大切なものだと思う。面白いものはきっと沢山あって、それぞれに合った面白いものがたくさんあるはずなんだよ。それなのに適当に画面をスワイプして、流行ってるものだけ食べて、聴いて、観て、自分がどうしてそれが好きで面白いと思ったのかもわからないまま消費していくようなヤツばっかり。やっぱそんなやつモブだよ。つまんねえの。


真っ暗な店内はこんなこと考えるのにはピッタリ。


引っ越し先を早く決めよう。どこがいいかな。内見とかさっさと済ませて欲しい家具とかのことを考えよう。電波が弱いからインターネット無料には騙されるな。カーテンの色は暗めにしよう。

あっという間に季節は過ぎていくな。コンビニ夜勤2年もしてたのか。ちゃんと日々を噛みしめないと。電車の窓から見た景色ってちゃんと見ていないとなにがなんだかわからないもんな。ただただ前に進むから、なんだか似ている。

 

最近は人から本を借りている。とってもおもしろいしステキ。天井見る時間減った。

 

f:id:extrance178:20220121080623j:image
あと、ダイエットドクターペッパーを毎日飲んでいる。去年の夏より2キロ多い。これは良くない。目指せ圧倒的スリムボディ。スーパーサイズミーみたいになってはいけない。打倒米国!🇺🇸

生活#9

とりあえず脳みそがぐちゃぐちゃになってしまった時は気持ちを文字におこすコトってとても重要なんじゃないだろうか、と思った。無性にお手紙とか書きたい、今は。

お手紙欲しい人いませんか?あとお手紙ください。

 

特別面白くない文章ばっかり溜まっていってしまうけれど、たくさんの人がコレを読むわけでも無いし。友達が気まぐれで覗くか、覗かないかの存在すら危ういモノだし。

この「まるでブログもどき」は自己満の範疇であって、やりたい放題やっても良いわけだ。じゃあなんだっていいか。

f:id:extrance178:20220113180012j:image

全てのことが嫌になっても何時間か経って、少しマシになってしまう自分に安心するし嫌気がさす。

いや、前にもっと辛いことあったなって、忘れちゃったことを思い出してるうちに、そっちの思い出の方が辛くなってきて丁度よく中和されてしまう。

けれど、その思い出すらも、自分の中できっかけがなければ思い出せないような、大したことない記憶に変わってしまっていることにもめちゃくちゃ落ち込む。

 

どうなっているんだ!欠陥だらけのポンコツ人間じゃないか!馬鹿が!もう死ね!

 

そんなことしていると、自分が大したことのないそんじょそこらの凡人以下の生き物であることを毎回痛感するし、その度になんかモヤモヤする。

いや、顔が良いわけでも無い、コミュニケーション能力は中の下の下、おまけにネガティヴ思考のキモオタクなんだからこの程度でギリなんとかなってる事実に感謝した方がいいぞ。

そのくせ、ダサかったりシャバいなって思ってしまうモノへの拒否反応は凄い。

ギリギリでいつも生きている。俺がKAT-TUNだ。

亀梨だか赤西だか知らんがまとめてボコボコにしてやる。

 

こんなこと22歳にもなってほざいている時点で少し恐ろしくなってくる。見返したらクソイタいこと言ってた2年前の日記みたいなソレを、現在進行形で量産してるんだから世話が焼ける。本当にどうしようもない。

 

どうもこう、なんというか、あの時の自分の嬉しかった感情みたいなものに固執しすぎなんだよな。

俺も変わるし、人も変わるのだから、感情や思い出も変わっていくのだと、頭では分かっていても、何故かその時のキラキラしてたことをそのままにしておきたい。しかし、どんどん遠い記憶になってしまうから忘れてしまったパーツは美化して保管ばかりしていると、毎回気づいたらこうなってしまう。

今日みたいなダメダメな日でも思い出したら美化されてしまうのだろうか。

 

 

周りの人への感謝は忘れちゃいけない。そういうのをおざなりにしてしまうのは本当に良くない悪い癖だと思ってる。

寂しいって、ちゃんと素直に言える人間になりたかった。

 

 

どうせあんたはずっとつまんねーーけど、たまに良いシーンがあるだけの冗長なダルい映画みたいな人間だよ。わけわからん映画に共感してくれっても無理な話だ。

 

全部全部、自己分析のフリしたオナニーじゃないか。

ちょっと馬鹿馬鹿しくなってきた。アホ。ちゃんと卒業して就職しろな。ボケ。日光ちゃんと浴びろナ

 

f:id:extrance178:20220113180026j:image

あと、デカい本棚が欲しい。ずっと欲しい。

これはマジ